世界の自然災害の被害額ランキング

東日本大震災(3.11)による被害額は、3600億ドル(日本円で約32.8兆円)、阪神・淡路大震災による被害額は1970億ドル(日本円で約21.3兆円)にものぼり、世界の自然災害としては史上最大とされています。
世界の被害額トップ2の自然災害が、全世界の国土面積0.25%の日本で発生してしまいましたが、日本だけでなく、世界の自然災害の被害額は一体どれくらいなのでしょうか?

世界の自然災害被害額トップ10


第1位 被害額:3600億ドル 東日本大震災(日本 2011年)
第2位 被害額:1970億ドル 阪神・淡路大震災(日本 1995年)
第3位 被害額:1480億ドル 四川大地震(中国 2008年)
第4位 被害額:1250億ドル ハリケーン・カトリーナ(米国 2005年)
第5位 被害額:1250億ドル ハリケーン・ハービー(米国 2017年)
第6位 被害額:916億ドル ハリケーン・マリア(ドミニカ、プエルトリコ 2017年)
第7位 被害額:687億ドル ハリケーン・サンディ(米国 2012年)
第8位 被害額:648億ドル ハリケーン・イルマ(プエルトリコ、バミューダ諸島など 2017年)
第9位 被害額:532億ドル 北米の干ばつ(米国 1988~1989年)
第10位 被害額:496~560億ドル 北米の干ばつ(米国、メキシコ、カナダ 2012~2013年)

被害の歴史から学ぼう


被害額ランキング1位が東日本大震災で、2位が阪神・淡路大震災で、世界の災害の中で日本の災害がトップ2を占めているという事実に納得もしつつ、改めて被害の大きさに驚かされます。
世界では、地震・津波・台風・火山噴火だけでなく、ハリケーンやサイクロンでの犠牲者も多いです。
歴史に残る過去の大災害から学び、被害を少しでも減らしていけるように常に災害意識を持つことが重要です。

anppiiは大切な人々の安否をすぐに確認でき、自分や相手の置かれている状況を共有できる非常に便利なサービスです。
災害が起きる前に導入し、「もしも」が起きた時にすぐに対応できる体制を整えましょう!

前の記事

歌枕「末の松山」の奇跡

次の記事

災害が株価に与える影響