東日本大震災から13年

東日本大震災が発生した、2011年3月11日から本日で13年の月日が経過しました。
改めて震災の犠牲になられたみなさまのご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われたすべてのみなさまへ心よりお見舞いを申し上げます。

今回は私個人の振り返りも含めて書かせていただきます。

当時のことは鮮明に覚えています。
13年前の3月11日、私はまだ学生で、成田空港でアルバイトをしていました。
その時は休憩中で、飛行機が見える飲食エリアで食事をしていました。
その飲食エリアは様々な年代の方々で賑わっていました。

14時46分頃、突然、大きな揺れを感じました。
最初はみんな机の下に隠れていましたが、誰かが大声で「普通の地震じゃない!みんな外へ逃げろ!」と叫んだのです。
焦りながら、私たちは空港の出口へ向かいました。
出口に向かう途中、スーツケースが散乱していたり、人々が同じ方向に逃げようとしてぶつかったり、転んだりするカオスな状況でした。
アルバイトの制服のまま外に出て、数時間外で待機していたのでとても寒かったのを覚えています。
みんなが電話回線を使うからか、電話がなかなか繋がらず、実家の状況、友達の安否、他の場所がどうなっているかを知るまでにかなりの時間がかかりました。
その日は危険だからと更衣室には戻れず、アルバイトの制服のまま家に帰ることになりました。
電車は止まっていたので、アルバイト先の先輩の車で送ってもらいました。
家に帰り、テレビでニュースを見ると、今まで目にしたことのない信じられない映像が映っていました。

一生忘れられることができない出来事です。
失ったものがあまりにも多く、表現しようもない悲しみが日本中を襲いました。
その後、復興の道を歩みますが、私なんかでは想像出来ないほどの苦難に立ち向かい、努力を重ね、葛藤を乗り越え、多くの人々が手を取り合って支え合った結果、やっと今のところまで復興出来たのだと思います。

改めて「あの日を忘れない」ことと、安否確認の重要性を感じます。
今後も私たちに何ができるのかを常に考えて、震災と復興に向き合っていきたいと思います。

前の記事

大震災後の水産業について

次の記事

企業に求められるBCP対策