中小企業のみなさまへ。安否確認システム「anppii」導入のご案内

中小企業と南海トラフ巨大地震のリスクとは?

中小企業は、日本経済の中心的存在であり、多くの雇用を創出し、地域社会の活性化に貢献しています。


しかし、その一方で、大規模な自然災害が発生した場合、中小企業は大企業に比べて資源や人的リソースが限られており、被害が大きくなるリスクがあります。

近年、世界各地で大規模な自然災害が頻発しています。
日本でも、地震や豪雨などの災害が相次いで発生し、多くの命が失われています。

中でも、南海トラフ巨大地震はその発生確率が高いと言われていることから、国民生活や経済に甚大な影響を与えることが懸念されています。

南海トラフ巨大地震は、今後30年以内に70%の確率で発生すると予測されている地震であり、中小企業にとっても深刻な脅威となります。そのため、中小企業が自社や従業員の安全確保のために備えるべき対策が求められています。

こんなことにお悩みではないですか?

災害予防対策の大切さを十分に理解していても、いざ導入に二の足を踏んでしまう…。それはこんな理由ではないでしょうか?

  • システムは災害時にしか利用しないのに、導入費用もランニングコストも割高だ。
  • 新しいシステムの導入に教育や時間的コストをかける暇がない
  • いざ災害時に使いこなせるかが分からない
  • 安否確認の機能だけでよいのに、それ以外の余計な機能がついてくる

そんなお悩みの中小企業のみなさまへ、これらの課題をすべて解決した安否確認システム「anppii」の導入をご検討いただければと思います。

anppii」はとってもシンプル。

弊社が開発した安否確認システム「anppii」は、使い慣れたSlackと連携し、障害に強いAWSを活用した安否確認システムです。その主な特徴をご紹介します。

1.Slackとの連携:

多くの企業で既に活用されているコミュニケーションツールであるSlackと連携することで、従業員が新たなシステムに慣れる手間が省けます。また、Slack上で安否確認や情報共有ができるため、迅速な対応が可能になります。


2.AWSの活用:

「Slack」および「anppii」はクラウドサービスのリーダーであるAmazon Web Services(AWS)を利用しているため、障害に強く、信頼性の高いインフラが確保されています。これにより、災害時にも安心して安否確認システムを利用することができます。


3.柔軟なカスタマイズ:

anppii」は、企業の規模やニーズに合わせてカスタマイズが容易なシステムです。これにより、中小企業でも手軽に導入し、効果的に活用することが可能です。

4.シームレスな組織連携:

anppii」を導入することで、情報がSlackを通じて企業内の各階層や部門間の連携され、災害時の情報共有や意思決定が迅速かつ円滑に行えます。これにより、事業継続や従業員の安全確保がより確実になります。

5.圧倒的な低コスト:

anppii」安否確認システムは、圧倒的な低価格の初期費用フリーを実現しています。使い慣れたSlackとの連携により、新たなインフラの構築や研修費用が大幅に削減されます。

これらの特徴により、中小企業でも効果的な安否確認システムを低コストで導入し、災害への備えを強化することができます。

安否確認システム導入のメリット

南海トラフ巨大地震のような大規模な災害が発生した際、中小企業は従業員の安否確認や情報共有を迅速に行うことが極めて重要となります。

安否確認システムには、以下のようなメリットがあります。

1. 迅速な安否確認:災害発生時に手間や時間をかけずに、従業員の安否情報を一元管理できます。

2. 効率的な情報共有:従業員や関係者に対して、適切な情報を効率的に提供できます。

3. 事業継続の促進:従業員の安否情報を把握することで、事業継続に必要な人員の配置やタスクの再分配を迅速に行えます。

4. 従業員の安心・信頼の向上:安否確認システムを導入することで、従業員は企業が自分たちの安全を重視していると感じ、信頼関係が強化されます。

5. 法令遵守と企業イメージの向上:労働安全衛生法等の法令遵守を確保し、企業の社会的信用を高めることができます。

おわりに

南海トラフ巨大地震をはじめとする自然災害が、いつ発生してもおかしくない現代社会において、中小企業は自社や従業員の安全確保のために、安否確認システムの導入を検討すべきです。

全国各地の中小企業が、安否確認システムの導入により、災害時の対応力を向上させています。

安否確認システムはシステム導入後、定期的な練習や訓練を実施し、従業員がシステムの使い方に慣れることが重要ですが、
anppii」は使い慣れたSlackと連携しているため、システム導入後の練習や訓練がスムーズに進められます。

パニック状態が予想される災害時も使い慣れたSlackを使用することで、操作の混乱を最小限に抑えることができます。

災害への備えは、中小企業にとって避けて通れない課題です。

ぜひ「anppii」の導入をご検討ください!